【物語の始まりに聴きたい曲】SILENT SIREN すぅを音楽へ導いた7曲と、サイサイのこれから。1 min read

Reading Time: 2 minutes

国内外で活躍するアーティストやクリエイターに、テーマに沿ったプレイリストを作成して頂く連載企画。今回は、今年バンド結成10周年を迎えるSILENT SIRENからすぅが登場。「物語の始まりに聴きたい曲」をテーマに7曲選んで頂いた。
10年間のバンド人生に欠かせない、彼女の物語を演出した音楽達は、長い歳月を経た今も色濃く彼女の脳内を鳴らし続ける。音楽と共に、誰かの物語を覗いてみよう。彼女の7つの音楽と物語で、あなたスタートを彩り、後押しする楽曲達を是非見つけて欲しい。

1. daydreamer / Spangle call Lilli line

まず曲調がすごく好きですね。この曲はスパングルの中でも、ずっと夢を見続けていけるような、そういう勇気も貰えます。私はBGMとしても楽しんでいますね。

-ずっと聴かれてきた曲でもあると?

はい、スパングルがずっと好きで。そこまでスパングルの事を好きだと公表してなかったんですけど、ある日撮影でカメラマンさんが「スパングルどこかで好きって言ってくださってましたよね」って声をかけて下さって。そのカメラマンさんがスパングルの方だったんですよ。まさかの場所でお会い出来て、そこからますます好きになって(笑)。ずっと大好きなバンドのメンバーに写真を撮って貰えたのもかなり嬉しかったですね。

2.KAKUMEI / SILENT SIREN

KAKUMEIは初めて武道館が決まった時に作った曲です。サイサイの曲ってポップでキャピッとしているというか。そういう曲がシングルカットされることが多かったんです。なので、武道館というタイミングでミドルな曲をシングルに出来た事も、サイサイにとって大きな一歩でしたね。自分自身に革命を起こして未来を変えて行く、自分の人生は自分しか決めれないし自分の力で動かして行くっていう歌なので、今スタート地点にいる人達にも聴いて貰いたい曲ですね。

-KAKUMEIのように以前リリースしたご自身の曲を聞くことはありますか?

時々ありますね。特にKAKUMEIはサイサイの曲でも上位で好きな曲です。私は普段サイサイの曲やポップな曲を聴かないんですが、KAKUMEIはたまに聴いて、いい曲だなって毎回思えますね。

3.Start / locofrank

locofrankがシンプルに好きだったっていうのもあるんですけど、この曲はバンドに憧れるきっかけとなった曲ですね。高校生の時にメロコアにハマって、ハイスタとかも良く聴いてて、泥臭いメロコアバンドがめちゃくちゃかっこいいなって。

-因みに最近ハマっているバンドはありますか?

韓国の赤頬思春期っていうバンドが好きで、昨年リリースされた25という曲が凄く良かったです。

4. RIVER / 10-FEET

これはサイサイを結成するきっかけとなった曲ですね。モデルの撮影でカメラマンさんのiPodからこの曲が流れてて、そこで反応したのが私とひなだったんですよ。そういうパンクロックを聴かなそうな子が10-FEETを好きっていうのも胸熱だったし、しかもお互いバンド経験があるっていうので、もう運命かなって(笑)。”カフェに行こうよ”くらいのノリで”バンド組もうよ”って、そして気づいたらもう10年経ってました(笑)。

5. ツカメ 〜It’s Coming〜 / PRODUCE 101 JAPAN

PRODUCE 101 JAPANを大々的に好きって言ってなくて、これちょっと悩んだんですけど(笑)。
この曲もPRODUCE 101 JAPANのストーリーもシンプルに励まされました。みんな若いのに全てを捨てて、人生をかけてて。そうやって必死に頑張っている姿が、夢に向かって頑張ることは簡単では無いけどそれだけ輝けるんだなって、凄く勇気をもらったんですよ。「その瞬間は キテル」って歌詞も凄く良くて、もう本当に勇気貰えますね。

-PRODUCE 101 JAPANを見て、デビュー当時を思い出しすことも?

私は自分に重なるとは思わなかったのですが、一人一人の夢に向かう姿をリアルに見れたから、自分もこうだったのかなって振り返れたというか。でも、若いから挑戦出来るとかでは無いし、この曲を聴いて自分もまだまだがむしゃらになれるなって。

6. Keep Tryin’ / Unknöwn Kun

彼の曲は本当に全部良くて、前に進んでいく曲が多いんですよ。この曲も、誰に何言われても自分で進んで行くというのを、爽快なメロディーに乗せていて、暑苦しくなく聴きやすいんです。彼の若い才能を凄く感じますね。

-彼を知ったきっかけは?

インスタでたまたま見かけて、この人の曲めっちゃ良くない?ってビビッときたのがきっかけです。

7. Armond / advantage lucy

advantage lucyは私が初めてバンドスコアを買ったバンドです。女の子がボーカルなんですけど、すごくロックというか可愛らしい曲で。ギターも持っていないのに、純粋に曲が好きだったからバンドスコアを買ったていう(笑)。サイサイでもコピーしましたし、高校の時に組んでいたバンドでもコピーしていました。自分で音楽を始める原点、楽器に出会うきっかけとなった曲です。

-2020年の目標やスタートしたいことはありますか?

バンド結成10周年、ツアーも山中湖での10周年記念ライブもあるので、まずはそこを成功させたいです。そのワンマンが9月20日なので、そこを考えているともう2020年も終わるじゃんみたいな感覚で(笑)。2019年が本当にあっという間だったので、2020年はちゃんとスケジュールを作って、しっかり目標を立てて行動する年にしたいですね。1つずつ着実に歩んでいきたいです。

-今年SILENT SIRENは結成10周年を迎えますが、10年を振り返って思う事はありますか?

今までがむしゃらにやって来て、気づいたら10年。特に2019年はバンドとして考えることが多くて、使命感に追われていましたね。メンバーも今後結婚するだろうし、子供も産むだろうしって色々考えちゃったので。メンバーの人生も尊重して、なんでもウェルカムな自分になりたいです。これからはバンドの活動をもっと生活の一部にして、自分自身にも余裕を持てるようになりたいですね。

プレイリストはこちらから

Photographer:Kazumi Watanabe
Interview&Text:Ayaka Yoshimura

【ライブ情報】

SILENT SIREN LIVE TOUR 2020 「mix10th」~てっぺん目指してGO!サイレンGO!~

supported by 天下一品
https://silent-siren.com/ticket/tour2020-mix10th/

SILENT SIREN結成10周年ライブ 「サイサイ10歳祭~てっぺん目指してGO!サイレンGO!~」

https://ss10th.com/

【リリース情報】

Digital EP 「HERO」

2019年12月20日(金)配信限定リリース

【M-1 「HERO」のみ12月13日(金)先行配信】
01. HERO
02. OVER DRIVE(「AbemaTV」レギュラー番組『イマっぽTV』エンディングテーマ)
03. イブニングスター (2019 New Recording ver.)
04. All Right 〜“今”を懸ける〜 (2017.11.13 @ Nippon Budokan ver.) ※iTunesアルバム購入特典ボーナストラ
ック
EP価格:¥713 (iTunesのみ4曲収録¥917)

7thフルアルバム「mix10th」(読み:ミックスジュース)

今春リリース予定

SILENT SIREN

Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4名からなるガールズバンド。

2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。 通称「サイサイ」として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウント の登録者数は現在54万人を超える。

2015年にガールズバンド史上デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを開催し、2016年には横浜アリーナ単独公演も成功させ、5カ国6都市を回るワールドツアーも同年に敢行。
2016年年末、ユニバーサルミュージック/ EMI Recordsへの移籍を発表。同時にバンドロゴ、バン ド名表記を全大文字へと一新。
2017年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる武道館2Days公演を成功させる。

2019年12月30日(月)には毎年恒例の自主企画ライブ「SILENT SIREN 年末スペシャルライブ 2019 『HERO』」を横浜文化体育館で開催し大成功に納めた。

そして2020年、バンド結成10周年を迎え、5月からSILENT SIREN LIVE TOUR 2020「mix10th」~てっぺん目指してGO!サイレンGO!〜supported by 天下一品の開催が決定。9月20日(日)には山中湖交流プラザ きらら シアターひびきにてSILENT SIREN結成10周年ライブ「サイサイ10歳祭~てっぺん目指してGO!サイレンGO!~」の開催を発表している。

公式サイト:https://silent-siren.com/