インドネシアと言えばバリ島が思い浮かぶ。インドネシア発のストリートブランドからはそんな常夏の土地柄を体現したアイテムが多数展開されている。

今回はそんなインドネシアからCibola(シボラ)、そしてCrooz(クルーズ)。2ブランドからオススメアイテムをご紹介。

Cibola ユニコーンシャツバティック

まずはCibolaから夏を彩る開襟シャツの登場。アジアンテイストな柄にも注目したいところだ。

ブラックを基調としていることから同系色のパンツと合わせやすいのも使い勝手がいいところ。

【商品説明】

ブランド:Cibola(シボラ)

アイテム:ユニコーンシャツバティック

価格:¥5,552

商品ページへ

 

Cibola クラシックキャップ

サーファーのデザインがあしらわれたクラシックキャップ。ミリタリー調の色感が夏の暑さを彷彿とさせる。

【商品説明】

ブランド:Cibola(シボラ)

アイテム:クラシックキャップ

価格:¥2,664

商品ページへ

 

Crooz  FYCROOZ 刺繍プルオーバーパーカー

Crooz(クルーズ)からまずはじめに紹介したいのは胸元の刺繍がポイントなフーディー/パーカー。

象徴的なバックプリントも大々的に配されている。前後問わず、死角がない。

【商品説明】

ブランド:Crooz(クルーズ)

アイテム:FYCROOZ 刺繍プルオーバーパーカー

価格:¥7,881

商品ページへ

 

Crooz アントラストTシャツ

最後はプリントTシャツのご紹介。一見どこにでもありそうなプリントTシャツだが、そのデザインを注意深く見て欲しい。何やらメッセージ性が漂ってくる、一筋縄ではいかないのだ。

【商品説明】

ブランド:Crooz(クルーズ)

アイテム:アントラストTシャツ

価格:¥4,200

商品ページへ

 

インドネシア発のブランドにはその土地柄が体現されているプロダクトが豊富だ。日本で着るには夏に限られてしまうだろうが、その夏をインドネシアテイストに彩ってくれるはずである。

インドネシア発のブランドを皮切りに、アジア発のブランドをたくさん探るのも楽しいかもしれない。