【21Questions】9m88に聞いた21の質問「アジアと海外ミュージシャンの交流が凄く嬉しい」

昨年 日本デビューを果たした台北発女性シンガー9m88(ジョウエムバーバー)。どこか懐かしく、エキセントリックな楽曲とビジュアルは、感度の高いリスナーたちの注目の的に。

NYでファッションを学んだ彼女が 日本の歌謡曲を始めとしたカルチャー達をどの様に新世代へ踏襲しているのだろうか。彼女のアーティスト性やチャーミングなキャラクターに迫った21問。

Q1:音楽やファッションに興味を持ったきっかけは?

ファッションに興味を持ったのは、日本のファッション雑誌がきっかけです。Zipperや Cutie、Popteenをよく読んでいました。音楽は、両親が家で聴いていたマンドポップに影響を受けましたね。どちらも幼少期の経験から影響を受けています。

Q2:どの様な子供でしたか?

パフォーマンスや歌うことが好きな、活発な子供でした。あとは、よくドレスアップをして妄想をしていましたね。

Q3:”9m88”の名前の由来は何でしょうか?

9はマンダリンで”ジョ”、8は”バ”と発音します。私の英語名”ジョアン”とニックネームの”88”を組み合わせて、ジョンババと呼べる様にしました。暗号みたいで面白いし、言葉の音も不思議ですよね。

Q4:影響を受けた人物はいますか?

スティービーワンダーと、マイケルジャクソンはパフォーマンスだけで無く、作曲の面でも影響を受けました。エリカ・バドゥは女性アーティストとしても最も影響を受けた方です。最近はジャズに注目していますね。

Q5:音楽とファッションにはどの様な相互関係があると思いますか?また、制作においてその関係性は意識されているのでしょうか?

沢山の繋がりがありますよね。音楽は感覚と感情の表現を豊かにしますし、ファッションはビジュアルでその人の印象をより明確にします。お互いが出来ない事を表現するときに、その関係性が活きてくると思います。魚と水の様な関係性なのかな、一緒になる事でより充実しますよね。

Q6:日本でステージに立たれた印象は?

日本の方々は、音楽に対しての評価がすごく高いですよね、なので日本でのパフォーマンスは凄く緊張しました。でも、みなさん凄く楽しんでくださって、パフォーマンスを楽しむことができました!

Q7:ステージで意識していることはありますか?

ステージに立つ前は、凄く緊張して不安になりますね。ステージに上がると、不安が興奮に変わります。凄く大好きな場所です。

Q8:印象に残ったステージはありますか?

サマーソニックは忘れられないステージの1つですね。夏だったので凄く暑くて…、私はお昼の出番だったんです。頑張っていつも通りのステージを披露できるようにしましたが、出番が終わった後に気を失いそうになりました。もちろんメイクもしていましたが、暑さで汗も沢山出て、ステージではほぼスッピンの状態でした(笑)。

Q9:竹内まりやさんのplastic loveをカバーされるなど、日本のカルチャーにも関心があるのかと、どのような所に惹かれたのでしょう?

日本の音楽文化は豊かで、色々な外国のスタイルが取り入れられていますよね。でも、どのスタイルにも日本らしい雰囲気がある。そこが本当に印象的です。K-POPで同じような体験をする事は出来ませんし、時々洋風な雰囲気の楽曲もあって魅力的です。

9m88- ‘Plastic Love’ Cover Version

Q10:日本でのデビューを決められたきっかけはあったのでしょうか?

日本のP-VINEレコードから私のデビューアルバム『Beyond Mediocrity』を日本でリリースしたいと連絡が来たのがきっかけです。私の楽曲をより日本の方々に届ける事が出来て本当に嬉しいです!

Q11:今後コラボや楽曲制作をしたい日本のアーティストはいますか?

コーネリアスが本当に大好きで、”先輩”として凄く尊敬しているのでいつかコラボしてみたいですね。あとは、水曜日のカンパネラのコムアイちゃん。一度お会いしたのですが、彼女は本当に独創的で本当に素敵な声を持っているので、一緒に何かチャレンジしたいです。

Q12:9m88さんにとってベストオブアジアはなんですか?オススメの場所や料理、音楽など教えてください!

フジロックフェスティバルは特に好きなフェスですね。あと、台湾料理は試してみる価値があると思います!コロナウイルスが終息したらバンコクに行きたいですね。

Q13:アジアの音楽シーンについて思う事はありますか?

どんどん盛んになっていて、沢山のアジアのミュージシャンが海外のミュージシャンと交流していることが凄く嬉しいです!アジアの文化を表現するのもとても興味深いですし、これからも刺激的な音楽が出てくると思うととても楽しみですね。

Q14 :台湾のユースカルチャーシーンはどうでしょうか?

台湾ではヒップホップがとても人気ですね。他の国と比べると少し遅れていますが、ヒップホップが台湾で人気になるのは素晴らしい事だと思います。きっと私たちは、常に色んなサウンドを欲しているんだと思います。

Q15:ニューヨークに住まれたのは何故でしょうか?また、NYに住む事で変化はありましたか?

最初はファッションのインターンシップに参加するためNYへ行きました。滞在中、ジャズを本格的に学ぼうと方向転換したんです。NYの人々は芸術的に対して常に真剣に追求していて、私も表現者として進む事へのモチベーションが上がりましたね。

Q16:9m88を知らない人にご自身をどの様に勧めますか?

私はシンガーソングライターでもあり、ジャズやグルーヴの音楽が好きなパフォーマーでもあります。おまけに、ファッションも好きです。私の音楽を是非聴いてみてください!

Q17:日本の方々に聴いて欲しい、9m88さんの楽曲は何でしょうか?

『Aim High』という楽曲をオススメします。励みになる曲でもあるし、自分のクールさや軸を大切にする曲でもあります。あとは、『Airplane Mode 最高品質靜悄悄』という楽曲のMVが爆発的で大好きです。

最高品質靜悄悄 Airplane Mode ft. Leo王

Q18:最近チェックしているファッションアイテムはありますか?

ボッテガ・ヴェネタのヒールとピーター・ドゥのスーツ、シャネルのバック…。もちろん見るだけですが…(笑)。

Q19:インスタグラムでロングバケーションを拝見されているのを見ました。かつてのカルチャーをどの様に情報収集していますか?

J-POPは台湾でもずっと人気が高かったんです、なので幼少期から触れてきた事の方が多いですね。子供の頃に好きだったV6のような日本のアイドルも人気でしたし、ライブも必ず行っていました。

Q20:9m88さんのお気に入りのインスタグラムのポストは?

NYにいた時の投稿が好きです。写真の雰囲気がとても良いし、よりクリエイティブに感じますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔆 📷: @kaochengkai

9m88(@9m88)がシェアした投稿 –

Q21:2020年の目標を教えてください!

音楽だけでなく、他の分野でも創造し続けていきたいです。あとは、日本のアーティストともっとコラボをしたいです!

【9m88 プロフィール】

台北で生まれ、大学でファッションを学んだ後、NYの名門校『The School of Jazz & Contemporary Music』でジャズを専攻。 R&B、ソウル、ジャズ、ポップスなど様々なジャンルからの影響を感じさせるメロウかつオリエンタル~エキゾなR&Bミュージック。 台湾国内のツアーは全会場ソールドアウトするなど、若者を中心に着実に人気を集めており、台湾のポップ・ミュージック/アート・シーンの次代を担う才能と言われている。