【連載:アジアンストリート】beyondcloset(ビヨンドクローゼット)コ・テヨンが重視するファッションの気軽なデザイン性「韓国はスナックカルチャーが基盤となっている」

アジア各国のファッションデザイナーに、ローカルな人気スポットやその国のストリートファッション、HIP HOPの実情を、SIXTYPERCENTのブランドディレクター Nanaが探る連載企画。感度の高いデザイナー達が集うローカルのカルチャーから、アップカミングなアイコン達を探ってみよう。
今回は、韓国発ファッションブランドbeyondcloset(ビヨンドクローゼット)から、創設者でありデザイナーのコ・テヨンが登場。ソウルファッションウィーク最年少デザイナーとしてデビューした彼が込める、モチーフアイテムが人気を博す理由とは?

NANA:今回は韓国発ファッションブランドbeyondcloset(ビヨンドクローゼット)のファウンダーであるコ・テヨンさんをゲストにお出迎えしています。早速beyondclosetの説明をお願いいたします!

beyondclosetを直訳すると「クローゼットを超えて」と訳されます。アメリカンクラシックとプレッピースタイルからインスピレーションを受け、現代的に再分析しています。コレクションラインとセカンドラインの2つに分かれていていますが、特にワンちゃんをモチーフにしたTシャツで多くの方々に愛されています。

NANA:コ・テヨンさんのファッションキャリアはどうでしょうか?

私は、27歳(数え年)でソウルファッションウィーク最年少デザイナーとしてデビューをしました。デザイナーになるきっかけは、学生時代にまたまた見たファッションショーがきっかけでデザイナーになることを夢見始めたことが始まりです。

NANA:beyondclosetはソウルファッションウィークにも何度も参加されているブランドですが、コレクションデザインはどこからインスピレーションを得ていますか。

インスピレーションは日常から得ています。展示会、映画のサントラ、映画そして出会う人々からです。最近はコロナの影響で旅行を通してインスピレーションを受けれないことが残念に思います。

NANA:beyondclosetは日本にも多くのファンがいらっしゃりSIXTYPERCENTでもbeyondclosetが入店してくださったことで大きな話題となりました。日本で多くのファンがいらっしゃる理由はなんだと思いますか。

デザインが気軽に楽しめるデザインであることが大きな理由だと思います。気軽に楽しめるデザインでありながらもアイデンティテがあって着る楽しみを与えてくれます。また、ブランドと仲のいいK-POPアーティストや俳優の方々が着用するアイテムを見て多くの日本のファンの方々に愛されているのだと思います。俳優イ・ジョンソクさんSHINeeキーさんVIXXエンさんが特に好きなようです。

NANA:韓国ストリートファッション、コンテンポラリーファッションなど今後の韓国ファッションの展望を教えてください!

トレンドの移り変わりが早く、敏感ではありますが、その中に本質とブランドの意図は過去より重要ではないように見えます。スナックカルチャーというフレーズが合うようにお菓子を食べるかのように気軽に楽しむファッションを若者たちが作り上げているように思えます。

NANA:因みに、コ・テヨンさんが知る、韓国のドープなスポットはありますか?

よく行くレストランは「GRAND CIEL」です。このお店はイタリアンレストランで僕がここのお店のユニフォームをデザインしました。カフェでは「BO MARKET」という漢南洞にあるカフェがお気に入りなお店です。閑散な雰囲気にカフェの番犬的存在なジャンミ(日本語でバラ)という名前のフレンチブルドックが可愛いです。また、バーでは「OLD KNIVES」という場所がオススメなスポットです、このバーの特にお気に入りなポイントは音楽でモルトウイスキーとステーキの組み合わせも最高です。

NANA:仕事をしながらよく聴く曲や好きな曲を教えてください。また、韓国ファッションについて、最近盛り上がっている話を教えてください!

ジャズミュージックが好きでチェット・ベイカーやスタン・ゲットの音楽をかけながら運転していることが多いです。韓国ファッションは近年、全世界的に知られているブランドが増えてきています。ですが、この世界的に認知されているブランド力を持続的に維持していく必要があるのではないかと思います。

【beyondcloset(ビヨンドクローゼット)】

2008年にデザイナー「コ・テヨン」が立ち上げたファッションブランド beyondcloset (ビヨンドクローゼット)。WINNERなどのK-POPアーティストを中心にbeyondclosetの服を愛用していることもあり韓国を中心に知名度を拡大。また韓国の東コレと呼ばれるSEOUL FASHION WEEKやニューヨークでもコレクションを展開するほどの人気ブランドとなっている。日本で「韓国ファッション」の人気を盛り上げた火付け役としてPOP UPストアなども展開をしている。