【10年後も愛用するであろう個人的名品 】3時のヒロイン ゆめっちが愛す“色”の世界。「ぽっちゃりでも個性を出して、こんなに可愛い洋服を着れるんです」1 min read

Reading Time: 2 minutes

サステナブルシンキングが主流になっているけれど「10年後も身に付けたいもの」って、身の回りにあるのかな?長く愛す、その裏にはそれぞれのオリジナルな“こだわり”があるはず。
長く愛せるアイテムを自分好みに選べるように、今回は3時のヒロイン・ゆめっちに10年後も愛用するであろう1品をお伺いした。自身が思う理想の10年後と共に、“らしさ”の詰まったアイテムとそのこだわりを探っていく。あなたの“好き”と“これから”を明るくする愛のあるファッションを見つけてほしい。

-今回、10年後も愛用するであろう個人的名品にDickies(ディッキーズ)のオーバーオールとMACのリップをお選びいただきました。数多ある私物の中で、この2点をお選びいただいた理由を教えてください!

私、体重が10年前に比べて30kgくらい増えているのですが、このオーバーオールはこれから10年間で30kg太ったとしても着れるなって、安心感があります。ぽっちゃりでも個性を出して、こんなに可愛いピンクの洋服を着れるんですよね。この趣味趣向はきっと10年後も変わらないと思うので、これから先ずっと着れるアイテムだと思います。

-このオーバーオールのイチオシポイントはありますか?

やっぱり色味と、形ですね。海外の6歳くらいの女の子が着てそうな形というか。フルハウスのミシェルが着てそうな、形がすごく好きです。ポケットがめちゃくちゃ大きいし、沢山あるので、機能性も抜群です!

 

-オーバーオールとの出会いは?

実は、今年出会いまして。大きめで形も可愛くて、色もビビットなものをずっと探してて…。大阪で通っていたJAMっていう古着屋さんが、原宿にオープンしたタイミングで店舗に行ったら、見つけました。着た瞬間しっくりきて、久しぶりにときめきました!

-普段の買い物はときめき重視派?それとも悩みに悩んで購入する派ですか?

ときめき派です!もう、ときめきすぎて、毎日何かしら自宅に届きます(笑)。

-ズバリ、ゆめっちさんのときめきポイントとは?

ぱっと見の、色のインパクトかな?私は以前、ベージュとかグレーとかシンプルな服を着ていた時代があったのですが、その時の買い物ってときめきが一切無くて。多分、みんなが着てるから着ておこうくらいの感覚だったんです。私の場合は、顔が濃いから、あまりそういう淡い色の服が合わないって分かってから、ビビットな色に辿り着きました。

 

-因みに同じく、10年後も愛用するであろう個人的名品にお選びいただいたリップは如何でしょう?

私、唇の色がコンプレックスで。すっぴんだと肌と唇の境界線が無いくらい(笑)。その上リップアレルギーで、年中唇がボロボロなんですよ。でもこれはそのボロボロを隠してくれる上に、発色も良い。なかなか見ない青みピンクは自分しか付けていない色だし、これは3時のヒロインを組んだ時からずっとリピートしています。塗ったら1日中落ちないのも大好きです!

-リップも色でときめいたのでしょうか?

そうですね、ニッキー・ミナージュさんとか、レディー・ガガさんとか、私が憧れるスターって、真っピンクの口紅を塗っているんです。その色に憧れて、「今は派手だから合わないけど、ずっとつけたら馴染むかも?」って付けていたら、これがゆめっちになりました(笑)。でも、これ廃盤になってて、いつもメルカリで買っています(笑)。似た色を試してもやっぱりこれが一番で。買い占めてます(笑)。

 

-もし家に同じのがあれば、みなさんゆめっちさんへ送るか、メルカリに出品してください(笑)。因みにこれまでの10年間を振り返って、ゆめっちさんの洋服遍歴はどのようなものでしたか?

10年前、高校は毎日ジャージでしたね。卒業して、きゃりーぱみゅぱみゅさんやぺこ&りゅうちぇるさんのような、原宿系に目覚めました。パステルカラーでフェアリーな洋服を着て、髪色も1週間に1回変えて…。そこから、私は10代後半で20kgくらい太ったので(笑)…、そのフェアリーな洋服が入らなくなりまして…。それで、海外の洋服や渡辺直美さんのPUNYUS(プニュズ)を買い始め、今のカラーに至ります。「太ってても可愛い洋服が着れるんだ!」って、超革命起きました。

-なるほど。因みに、これからの10年後はどう変化して行くと思いますか?逆に変わらない軸は?

多分カラフルさは変わらないと思います。どこかしらにポイントは作りたいかな。今は結構オーバーサイズが気分なのですが、これからはタイトな服も着たいです!やっぱりミーハーなので、レディー・ガガさんみたいな、ボンテージとかピッチピチのドレスとか、大人になって着こなして行きたいですね。

 

-その中でもこのオーバーオールは、ゆめっちさんがこれからも着たい1品なのですね。カラフルなポイントが一致するという。

そうですね!もしかしたら、中身だけ変わって行くかもしれないです。ブラとかビキニとかを忍ばせて、肌見せするようになったり…。今は、肌をあまり出していないので、これから出して行きたいです!

-これまで色やシルエットなどゆめっちさんのこだわりをお伺いしたのですが、一言で表すと“ゆめっちさんらしさ”とは何でしょう?

えぇ〜〜何だろう!“パワフル”かな?やっぱり、「見てて元気でます」と言ってくださることが多いので、それが私なのかなって。そういうぱっと見て元気が出る、絵力がゆめっちらしさですかね?パッと見て「あいつ何だ?」って思ってもらえる、そういうインパクト出せるファッションやメイクを選んでるんだと思います!

 

-洋服だけでなく、メイクでもそのインパクトをポイントに置かれているのですね。やはり、メイクのポイントはリップでしょうか?

今は目ですね。マスク生活というのもあって、目だけで印象が変わりますよね。私、面長がコンプレックスなのですが、そこをカバーするようにアイラインを3つ引いてるんですよ。二重のラインと、目の延長線上のラインと、その下にタレ目のライン。これで目の形が変わるし、横に広がるから面長がカバーされるんです。カラーメイクというより、陰影をつけて、絵を描くみたいに立体的にして行くんです。

-涙袋もキラキラですよね!ずっと素敵だなって…!

そうなんです、ありがとうございます!面長の人って涙袋が重要で、たっぷりラメをつけて、カバーしています!rom&nd(ロムアンド)のリキッドグリッターシャドウを使っています。動いてもとれないし、キラキラで超おすすめですよ!これもずっとリピートしています!

もうほんと、自己満だけど、自分が楽しければ良いんですよね!ハーフになりたくてメイクを勉強したので、日々陰影とか、アートみたいに濃くなれるよう勉強しています!

 

-これだけ細部のこだわりを聞くと、自分もこうなれるんだって自信がつきますよね。「ゆめっちさんだからできるんだ!」というわけではなく、それぞれにあった工夫をすればなりたいものになれるという。

そうなんですよ。もうすっぴん能面なんでちょっと工夫するだけで、理想の顔になれると思います!因みに、めちゃくちゃオススメのパウダーがありまして…(笑)。

-是非!教えて欲しいです!

ZEESEA(ズーシー)のリフレッシングシルキーパウダーです!たまたまインスタの広告で見つけた中国のコスメブランドなのですが、すっごく良いです。毛穴もカバーするし、落ちないし、使ったらびっくりします!有り難いことに、「肌綺麗!」って言ってくださることが多いのですが、もうこれのおかげですね(笑)。あ、全然PRとかじゃ無いんですけど…(笑)、これは使って本当に良かったので、おすすめです(笑)。

-ありがとうございます!早速試してみますね(笑)。最後に、ファンの皆さんに、自分らしくおしゃれを楽しむアドバイス・自分らしさを楽しむ極意をお願いします!

ときめいたものをとりあえず買って、お家で着てみる。外で着なくても、お家で着てみて、自分が可愛いって思えば良いんじゃ無いかな?私も「何だその服!」って言われることも多いけど、人って意外と自分のこと見てないし、お家で自分の好きなものを着て、それに慣れたら、外にも行けるはず。まずはお家でファッションショーを楽しんでみて欲しいです!

 

Photographer:Korogi Maho
Interview&Text:Yoshimura Ayaka

【3時のヒロイン】

福田 麻貴、ゆめっち、かなでから成る吉本興業所属の女性お笑いトリオ。『女芸人No.1決定戦 THE W』の3代目チャンピオン。バラエティ番組に留まらず、CMやモデル、YouTubeなど幅広く活躍中。

HP:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6579