Reading Time: < 1 minute

台湾で人気を博すヒップホップルーキー王水源が新曲『少年家』を発表した。

今年の夏、ラッパー桃A1Jとチームを組んで『水蜜桃偵探社』を発表、さらにソロアルバム初のタイトル曲『保持呼吸』を発表して多くのファンから好評を得て、ストリートボイスヒップホップチャート2位に上がった。

王水源は創作以来の苦楽をラップに書き起こし、楽曲の各節の終わりに台湾で使われる言葉を挿入することで、王水源が他の人と比較せず、一生懸命に生活する台湾の味気とロマンを表現している。

彼は「少年家」の3大精神として「愛、孝、気概」を挙げた。
MVは王水源の心の中の求めているものが浮浪する姿を表現して、自由自在に休憩車を運転し、楽器、スケートボード、オーディオを持って歩き回りながら創作のインスピレーションを探している様子が描かれている。

楽天的な王水源がデビューアルバムを作るのに経験した挫折は、一節の歌詞に綴られている。

実際に彼は2017年、インターネットに作品を発表して大きな関心を受けた。そこでレコード会社と契約したが、コンセプトの不一致で契約を解約し、発売を延期。

その後、自主的にチームを構成してアルバムを準備し、作品の質に対する要求が非常に高い王水源は絶えず理想の作品を追い求め、同時にアルバイトをしながら制作資金を貯めていた。やっとの思いで今年の夏、作品を発表し、ツアーを準備したがコロナの事態で秋まで延期するなど、紆余曲折が続いている。

このすべての経験が『少年家』シングルのインスピレーションになった。人の声はすべてオートチューン効果を利用して、王水源の情緒的な張りのあるボーカル、独特なメロディーのラップを混ぜてラップのテクニックを遺憾なく発揮した。リフレーンと台湾語の歌詞が調和し耳を虜にして、王水源はいつものユーモアで『少年家』の孤独でしっかりした台湾の雰囲気と夢を追求するロマンチックな情緒を聞かせてくれる。