NCT127は16日、韓国から生中継で『NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN – THE LINK’』のスペシャルアンコールステージを披露。同日、東京、名古屋、大阪でドームツアーを開催を発表した。

NCT 127初のドームツアー開催。ドームツアーまでに準備しておくべきことを紹介する。

【チケットの所得、遠征できない人はライブビューイングの会場チェック】

もちろん、チケットの所得が出来なければライブを観覧できない為、チケットを所得することが一番だが、ゲットできなかったり遠征ができなかったりするファンも多くいるので、映画館でのライブビューイングを用意してくれる可能性も。もしもチケットがゲットできなかった場合は、ライブビューイングや有料生配信など公式のチェックを忘れずに。

【ペンライトの購入】

ライブの際、ペンライトが無いと推しに気付いてもらえなかったりする。そしてステージから客席を見た際に光ペンライトはファンの数を肌で感じる為、「パワーになる」とどのアイドルも口を揃えてる。購入してない人は購入をし、電池を入れ点灯のチェックを。

また、使用できるペンライトの種類に規定があることも、コンサートの注意点をよく読まなければならない。

【ライブ前に聴くべき曲】

『Cherry Bomb』中毒性のある強烈なサウンドが印象的な曲。『TOUCH』重いビートとメンバーの爽やかな声が調和する名曲。『Simon Says』独特なサウンドが特徴的でメンバーのラップが魅力的な一曲。『英雄; Kick It』『sticker』NCTらしい独特な雰囲気と大衆受けを完全に無視した楽曲。

【心の中の掛け声の練習】

本番は掛け声を出せない可能性が多い為、心の中で掛け声をして本人に届けられるようにしてもらいたい。

【スローガンやタオル、トレカ、グッズの準備】

スローガンやタオルを推しに向けてファンサをもらうためにも必要アイテムではあるが、ペンライトとともに会場に来た記念写真を撮るためにも、必ず持ってくることが重要で、トレカをかわいくデコレーションするのも今の流行なのでぜひやってみて欲しい。

これらの点に注意し始めての日本ドームライブを楽しんでいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*