マスクの供給が不足したことで、自身でマスクを制作するという風潮は違和感のないものとなった。持て余した時間でDIY的に各々の柄で縫い作るのは素敵なことと思う。様々なブランドからも独自のデザインのマスクも多数展開されている。

そんな中、D2Cブランドの立ち上げやサポートなどを行う3rd 株式会社(東京都渋谷区、代表:川村匡慶)は、マスクのギャラリー型セレクトショッププロジェ クト「The Masks (ザ マスクス)」を立ち上げた国内外で活躍するアーティストがデザインしたマスクを 5 月上旬からオンラインショップにて販売いたしている。第1弾アーティストとして五木田智央やSKATE THING、GUCCIMAZE、河村康輔、オートモアイ、とんだばやし蘭、加賀美健らバラエティに富んだ計13人が参加。マスクは国内工場で生産し、国内メーカーが手掛けた銀イオンを直接練り込んだポリエステル加工糸を使用。抗菌・防臭に優れ、洗って繰り返し使用することができる。価格は税別2,800円(送料別)。

View this post on Instagram

Art × Mask マスクをキャンバスに 「The Masks」 今、 マスクは私たちの生活に欠かせないアイテムの1つとなりました。 毎日身につけるものだからこそ気分が明るくなる、そしてストーリーのあるものを選びたい。 「The Masks」はアートとマスクを繋げる新しいプロジェクトです。 いつものマスクをキャンバスにして、アーティストたちが作品を作りました。 身につければ気分が上がる、個性豊かな作品が描かれたマスクをお楽しみください。 「The Masks」プロジェクトによる収益の50%はコロナ対応に尽力していただいている医療機関(日本赤十字社)へ寄付致します。 また売上の一部を、製作や展示活動が制限されているアーティストへの支援として活用していきます。 #themasksjp #themasks

A post shared by The Masks (@themasks.jp) on

なお、「The Masks」プロジェクトによる収益の 50%は医療機関(日本赤十字社)へ寄付、また売上の一部 を製作や展示活動が制限されているアーティストへの支援として活用されるという。すでに完売が続出しているショップを覗いてみてはいかが。